• 配信記事
  • ブログカテゴリ
    過去の記事

不動産用語集

Home »

不動産取引でよく使われる用語集をまとめて見ました。
情報収集のご参考にご覧下さい。

連帯保証人

連帯保証人とは、本人と同一の責任を持つ保証人のこと。

賃貸借契約時に連帯保証人となる人の実印の押印と、その印鑑証明書が必要となる。

借主(賃貸契約の契約者)の支払等が滞った場合、債権者は借主の資力の有無にかかわらず、直ちに連帯保証人に対して請求し、強制執行できる。

連帯保証人は「催告の抗弁権」や「検索の抗弁権」を持たないので、「私に請求せず、先に賃借人に請求してください」とは言えない。

[この記事を読む]


礼 金

礼金とは、物件を借りたとき、家主にお礼として支払われるお金のこと。

礼金は、退去などで賃貸借契約を解除する時も返還されない。

最近は礼金無しの物件も出てきているが、一般的に物件の条件が良くないものほど礼金無しという傾向がある。

また、家主が公的な資金の借入によって建築した物件は礼金が禁止されている。

[この記事を読む]



Copyright2019 © 株式会社カドタ商事 All Rights Reserved.