• 配信記事
  • ブログカテゴリ
    過去の記事

不動産用語集

Home »

不動産取引でよく使われる用語集をまとめて見ました。
情報収集のご参考にご覧下さい。

道路幅員

道路幅員(どうろふくいん)とは、道路の幅の広さのことです。

道路の側溝の外側を境界とし、道路幅員を図ります。道幅が4メートル以上の道路に2メートル以上接していない土地には住宅を建てることはできないと定められています。

接面道路の幅員は、不動産取引にあたって「重要事項説明」において、敷地と道路の関係を説明されるときに明示されますが、書類上だけでなく、現地調査によって現況を確認されることをおすすめします。


[この記事を読む]



Copyright2019 © 株式会社カドタ商事 All Rights Reserved.